ホームがん統合医療診療内容一覧>低分子化フコイダン

適応疾患
がん疾患、胃潰瘍、胃ピロリ菌感染、口内炎

治療の内容

トンガ産モズクに含まれているネバリ成分であるフコイダンを抽出し低分子化したものが低分子化フコイダンです。低分子化フコイダンは、がん細胞へのアポトーシス誘導、血管新生の抑制、免疫機能の改善、抗酸化、抗炎症などが期待されています。

九州大学大学院の白畑實隆名誉教授、照屋輝一郎助教が監修されている、低分子化フコイダンをご紹介しています。

低分子フコイダンの抗ガン作用


副作用

副作用はありません。

1日400ml(400g)以上服用すると、便が柔らかくなることがあります。


費用

この製品は栄養機能食品です。医薬品ではありません。

  • パワーフコイダン(無糖)液体タイプ1800ml:
    44,760円(税別)
  • パワーフコイダンCG ゼリータイプ50g入り36包:
    46,250円(税別)
  • 治療前の医師との面談の費用:
    30分5,000円(税別)

連絡先
詳細は喜多村クリニック092-581-6640までお電話ください。


参考サイト

LMF(低分子化フコイダン)研究会   https://lmf-assoc.jp/about/

喜多村クリニックはLMF研究会に所属して低分子化フコイダンの研究発表を行っております。

【症例報告】

がん治療に関するご相談は「完全予約制」となります

『がん治療相談』をご予約の際は、下記の「ご予約の方法」「予約状況」をご確認の上、お電話でご連絡ください。

TEL.092-581-6640
(受付時間(月〜金)9:00〜13:00、14:00〜18:00(土)9:00〜13:00 )


また診療内容についてのご相談・ご質問は無料メール相談でもお受けしております。お気軽にお問合ください。

院長のあいさつ

がん治療・在宅医療に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。 院長の喜多村が直接承ります。



フコイダン療法での、がん治療医療の相談は「がん治療ホットライン」

フコイダンを用いた、がん治療の研究は「LMF研究会」