ホームがん統合医療診療内容一覧>低分子化フコイダン

適応疾患
食道がん、胃がん、大腸がん、肺がん、膵がん、肝がん、腎がん、前立腺がん、乳がん、卵巣がん、子宮がん、脳腫瘍、胃潰瘍、アトピー、動脈硬化、糖尿病、他

モズクなどに含まれるネバリ成分のフコイダン抽出液を飲む治療です。低分子化されたフコイダンは抗ガン作用、免疫力強化、抗ピロリ菌作用、抗アレルギー作用、抗炎症作用などがあり、ガン、胃潰瘍、アトピー、動脈硬化、糖尿病などの疾患に効果が期待されています。

低分子フコイダンの抗ガン作用

価格
1800ml 48,340円(税込)
※この治療は健康保険が適応されません。治療・検査・処方の全てが自費診療となります。

九州大学大学院白畑實隆教授が推奨されている低分子化フコイダンをご紹介しています。


喜多村クリニックはLMF研究会に加盟して低分子化フコイダンの研究を深めています

低分子化フコイダンの詳細情報は
http://lmf-assoc.jp/about/ をご覧下さい。

【症例報告】

がん治療に関するご相談は「完全予約制」となります

『がん治療相談』をご予約の際は、下記の「ご予約の方法」「予約状況」をご確認の上、お電話でご連絡ください。

TEL.092-581-6640
(受付時間(月〜金)9:00〜13:00、14:00〜18:00(土)9:00〜13:00 )


また診療内容についてのご相談・ご質問は無料メール相談でもお受けしております。お気軽にお問合ください。

院長のあいさつ

がん治療・在宅医療に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。 院長の喜多村が直接承ります。



フコイダン療法での、がん治療医療の相談は「がん治療ホットライン」

フコイダンを用いた、がん治療の研究は「LMF研究会」