ホームがん統合医療診療内容一覧>インスリン増感療法(IPT)

適応疾患
すべてのがん疾患

治療の内容

低用量の抗がん剤を点滴で投与する治療です。インスリンを投与することによって、がん細胞に抗がん剤を選択的に取り込ませます。抗がん剤は低用量ですので、継続して化学療法ができ、従来の化学療法より副作用が少ないのが特徴です。

循環がん細胞検査CTCを行い抗がん剤の感受性試験結果から使用する抗がん剤を選択します。


副作用

従来の化学療法より副作用は少ないですが、副作用が全く起こらないとはいえません。

使用する抗がん剤によって異なります。

使用する抗がん剤の添付文書に従って説明をいたします。

頻度は低いですが、継続して治療を行うと骨髄抑制(白血球減少、赤血球減少、血小板減少)が起こることがあります。

インスリン投与によって一時的に低血糖になりますが、意識が消失することはありません。医師の管理下で厳重におこないます。


費用

  • 1回 40,000から80,000円(税抜)
    使用する抗がん剤で費用が異なります。
    循環がん細胞検査CTCの抗がん剤感受性試験の費用は含まれません。
  • 治療前の医師との面談の費用:
    30分5,000円(税別)

連絡先
詳細は喜多村クリニック092-581-6640までお電話ください。

がん治療に関するご相談は「完全予約制」となります

『がん治療相談』をご予約の際は、下記の「ご予約の方法」「予約状況」をご確認の上、お電話でご連絡ください。

TEL.092-581-6640
(受付時間(月〜金)9:00〜12:30、15:00〜18:00(土)9:00〜12:30 )


また診療内容についてのご相談・ご質問は無料メール相談でもお受けしております。お気軽にお問合ください。

院長のあいさつ

がん治療・在宅医療に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。 院長の喜多村が直接承ります。



フコイダン療法での、がん治療医療の相談は「がん治療ホットライン」

フコイダンを用いた、がん治療の研究は「LMF研究会」