がん統合医療とは
現代医療や代替医療を問わず新しい先端医療や食事・運動・環境などのスタイルを含めあらゆる治療方法からその人の生き方に合った、その人にふさわしい治療法を言います。

大腸がん肺がん
胃がん前立腺がん
乳がん肝臓がん
すい臓がん子宮がん
悪性リンパ腫腎臓がん
卵巣がん食道がん
胆のうがん胆管がん
咽頭がん甲状腺がん
膀胱がん精巣がん
脳腫瘍骨肉種
原発不明ガンその他



トップページ 医師の紹介 スタッフの紹介 診療時間 私たちの思い 院内のご案内 アクセス メディア情報 リンク集

ホームがん統合医療診療内容一覧>低用量ナルトレキソン療法

 
肺がん(非小細胞性)、膵がん、肝がん、乳がん、食道がん、大腸がん、膀胱がん、腎がん、子宮がん、卵巣がん、前立腺がん、咽頭がん、悪性黒色腫、悪性リンパ腫、慢性リンパ球性白血病、多発性骨髄腫、他  

ナルトレキソンを低用量服用することでエルドルフィン濃度が上昇し、ナチュラルキラー細胞やリンパ球の活性が増加し、免疫力がアップします。

がん細胞のオピオイド受容体を増加させ、がん細胞にアポトーシスを起すとされています。ガンの増殖を抑制する安価で副作用の少ない治療です。

治療は寝る前に薬を1カプセル服用するだけです。高濃度ビタミンC点滴療法やアルファリポ酸点滴療法との併用、あるいは単独療法としても適用できます。

 

1日1カプセル 就寝前に服用

治療料金(税別)
30日分 15,000円〜

6ヶ月以上の継続服用をお勧め致します。

 


ご予約

院長のあいさつ

がん治療・在宅医療に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。 院長の喜多村が直接承ります。



フコイダン療法での、がん治療医療の相談は「がん治療ホットライン」

フコイダンを用いた、がん治療の研究は「LMF研究会」