ホームがん統合医療診療内容一覧>栄養療法

適応疾患
薬剤ではなしえないことを、栄養素を服用することで治療

栄養素が欠乏しても、すぐにそれによる症状が出るわけではありません。栄養素の欠乏による症状はないけれども、欠乏している栄養素を補うことが大切です。

栄養素そのものが持つ、体に良い機能を病気の改善のために用いたり、私たちの体の細胞を構成する分子バランスの乱れを栄養素を用いて整えるなど、薬剤ではなしえないことを、栄養素を服用することで治療します。


血液検査による分析
栄養指導
サプリメント処方

※この治療は健康保険が適応されません。治療・検査・処方の全てが自費診療となります。

がん治療に関するご相談は「完全予約制」となります

『がん治療相談』をご予約の際は、下記の「ご予約の方法」「予約状況」をご確認の上、お電話でご連絡ください。

TEL.092-581-6640
(受付時間(月〜金)9:00〜13:00、14:00〜18:00(土)9:00〜13:00 )


また診療内容についてのご相談・ご質問は無料メール相談でもお受けしております。お気軽にお問合ください。

院長のあいさつ

がん治療・在宅医療に関するご質問・ご相談がありましたらお気軽にご相談ください。 院長の喜多村が直接承ります。



フコイダン療法での、がん治療医療の相談は「がん治療ホットライン」

フコイダンを用いた、がん治療の研究は「LMF研究会」