ホーム>胃カメラ

     
胃カメラ検査 鎮痛剤を使う胃カメラ [詳しくはこちら]
鼻からの胃カメラ [詳しくはこちら]
鎮痛剤を使わない口からの胃カメラ [詳しくはこちら]
ピロリ菌の
検査と治療
ピロリ菌検査 [詳しくはこちら]
ピロリ菌治療(除菌) [詳しくはこちら]

  • 鎮静剤を使い、口からカメラを入れて、検査を受けることができます。検査後は30分から1時間ベッドでお休み頂きます。
  • 一度この検査をお受けになった方は、2回目からほとんどこの方法を希望されます。

※検査当日は、お車の運転はお控えください。


  • 鼻から胃カメラを入れて検査をします。人によっては違和感がありますが、咽頭反射が少なくカメラをのむことができます。
  • 鎮静剤を使わないので検査終了後、お休みいただくことなくお帰りになれます。

※鼻炎が強い方はお受けになれないことがあります。
※不安が強い方にはお勧めしません。


  • 従来の胃カメラ検査です。鎮痛剤を使いませんので検査後ベッドでお休みになる必要はありません。また、検査後のお車の運転もさしつかえありません。

※不安が強い方にはお勧めしません。




ピロリ菌は胃がんの原因とも言われています。ピロリ菌の検査をして陽性ならばピロリ菌の除菌をお勧めします。

 


薬でピロリ菌を除菌します。抗生剤と胃の薬を併用して7日間服用します。除菌の成功率は90%です。この治療は10%の方に下痢の症状がみられますが心配はありません。

 


ご予約